浴室・浴槽塗装リグレーズ施工例

i会社案内
メールでお問い合わせ

TBM JAPAN

浴室・浴槽塗装リグレーズ
リグレーズ施工例
ホーク社製品ご紹介
代理店募集

リグレーズ工法による浴槽・浴室リフォーム施工例

マンション、モデルルーム浴室塗装

築35年のマンション、ユニットバス再生塗装を出張施工で行いました。「傷みの激しいタイル壁面をリグレーズのテクニックでどこまで再生出来るか?」への挑戦となりました。

傷んだ浴槽と壁面

傷んだタイル壁面は、パテ補修後目地加工し、石目調塗装で仕上げ。
ハーフユニット部(浴槽・洗い場)は劣化部補修後パール調・ホワイト仕上げ。
タイルの石目調濃彩色、ハーフユニット部のパールホワイトは、マンションの壁紙、カーテン、家具などの色調に合わせました。


再生後のユニットバス


傷みが目立つ壁面

壁面の入り隅それぞれにタイルの浮き、割れ、欠損、段差など傷みが目立ちます。タイル目地全体にも欠損部や巣穴が多数。


補修後タイル

最下部のタイルは下地が脆弱なため、ハツッてまず下地作り、その後パテでタイルを形成・復元しました。
タイルと浴槽のジョイント目地劣化部も除去、湿潤面用エポキシパテ充填。
劣化したタイル目地部はHawk社の速乾性目地補修材「タイルグラウト」充填。
目視で補修跡は、全く分かりません。



天井のタイルクラック部

天井部のタイルクラック部にはわずかに段差があり、入り隅タイル目地の欠落もあります。


補修後の天井部

上記とほぼ同じ方法で補修。やはり目視では補修跡は分かりません。


施工例一覧へ

東洋ビルメンテナンス

Hawk社日本総代理店、浴室浴槽塗装リグレーズ本部・TBM JAPANでは無料技術研修の受講者を募集中です。お問い合わせは東洋ビルメンテナンス本社までお願いします。

お問い合わせの詳細はこちら

本社

〒708-0871
岡山県津山市中島177−2
(有)東洋ビルメンテナンス

TEL:0868-28-3087
FAX:0868-28-3468

岡山本社地図

東京研修センター

〒134-0084
東京都江戸川区東葛西
1−8−17

東京研修センター地図


ページトップへ


東洋ビルメンテナンス